着信拒否をされても連絡をとる方法とは?

実際に着信拒否された状態から復縁したカップルというのは意外と多いものです。その方法をチェックしましょう。

サイトマップ

着信拒否をされても連絡をとる方法とは?
復縁top > メールのポイント > 着信拒否をされても連絡をとる方法とは?

着信拒否と聞くと、もう二度と連絡がとれないことを意味し、復縁なんで絶対に不可能だと思われるかもしれません。ただし、実際に着信拒否された状態から復縁したカップルというのは意外と多いものです。では、どうやって着信拒否を解消し、相手と連絡がとれるようになったのか、その方法をチェックしましょう。

着信拒否されてもあきらめる必要はない

別れ際の関係がギクシャクしていた場合や、ひどく相手を怒らせて別れている場合には、相手から着信拒否をされてしまったというケースが考えられます。このようなケースの場合、焦って強引に連絡を取ろうとすることだけは絶対に避けて下さい。

なんとか連絡を取ろうとして、友人の携帯を借りて電話やメールをするという人がよくいますが、それでは火に油を注ぐだけです。そこまで必死になって連絡をとろうとするあなたの姿に、元恋人はほぼ間違いなく引いてしまうでしょう。

復縁に限らず、恋愛は相手ありきのことですから、何よりも相手の気持ちを尊重することが大切だと思うのです。実際に着信拒否をされてしまうと、あなたも辛い気持ちになるのはよく理解できます。ただ、相手が着信拒否をするということは、今はあなたと連絡を取りたくないからという意思表示だと考えられます。

そんな相手の気持ちを考えると、今あなたがなんとか連絡を取ろうとすることは、復縁のための正しい行動と言えるでしょうか?

今はあなたを嫌いになっているかもしれませんが、人の気持ちはずっと同じままではありません。相手も冷静になり、あなたが正しいアプローチをとれば、十分にやり直すことは可能なのです。ですから、着信拒否をされたからといってパニックになるのは絶対に避けて下さい。

アドレス変更の連絡を利用する

では、着信拒否をされた状態から具体的に連絡をとる方法とは一体どうすればいいのでしょうか。

それは、あなたの連絡先(メールアドレスや電話番号)を変えることです。自分の連絡先が変われば、相手にメールも届きますし、物理的には電話をすることも可能です。これはちょっと手がかかるのですが、どうしても連絡が取りたくなったら有効な方法ですのでぜひやってみて下さい。

ただし、この場合は守って欲しい注意点があります。

それは、最初の連絡(メール)は、必ず一斉送信にすることです。元恋人にだけ個別に送るのは避けて下さい。受け取った方からすると、個別に来た連絡というのはどうしても警戒心を持ってしまいやすいものです。一斉送信で来たメールには、個別メールよりも警戒されることはまずありません。

また、着信拒否されてからすぐにあなたの連絡先変更をしないことです。最低でも3ヶ月以上は期間をあけてみて下さい。3ヶ月も期間があいていれば、相手の気持ちも少しは落ち着いていると思います。

もし一斉送信メールの段階で相手から返信があれば、それは大きく前進したことになります。もし何も反応がなくても大丈夫です。そこからまた1ヶ月ほど時間をおいてみて、今度は個別メールを送ってみます。メールの文面は、決して重たい内容にならないように、明るい内容にしておきましょう。

すでに立ち直って元気にしている様子と、もう相手には未練のないという印象が伝わればベストです。文章は短めに、明るく軽いノリでメールを送ってみましょう。