メールの返信率を上げるには?

徐々にメールの内容を変えていくことで、二人の距離を縮めることができます。ここでは、その具体的なステップをご説明いたします。

サイトマップ

メールの返信率を上げるには?
復縁top > メールのポイント > メールの返信率を上げるには?

相手とメールのやりとりはできるものの、なかなか返信が来なかったり、返信のある時とない時がある、という状況になるケースがあります。このような場合は、徐々にメールの内容を変えていくことで、二人の距離を縮めることができます。ここでは、その具体的なステップをご説明いたします。

ステップ1.当たり障りのない話題から始める

まず、最初にすべきなのは当たり障りのない話です。いきなり重い話をするのはおかしいですよね。

当たり障りのない話題ですから、近況報告などをまじえた軽い内容のやりとりをします。明るい内容になっていれば問題ありません。このステップでの目的は、相手の「まだ未練がありそうだから、もしかしたら復縁を迫られるかも」という警戒心を解くことです。

目的が明確になれば、あなたがやることも明確になります。

つまり「もうあなたには気はありませんよ」ということが伝わればOKです。そのためには、友だち感覚でメールを送ることがポイントです。明るく楽しい内容で、相手にとって負担となる存在ではないと思ってもらえることが何よりも重要です。

ステップ2.簡単な頼みごとをしてみる

最初は「久しぶりだし、無視するのも悪いから」という気持ちで相手も返信をくれているかもしれませんが、当たり障りのないメールが続くと、徐々に返信を出すのが面倒になってきます。

こうなると、メールの返信が遅くなったり、最終的にはメールが来なくなったりします。一度そのような状況になると、そこから関係を回復させるのに時間も労力もかかってしまいますので、そうなる前に何か簡単な頼みごとをすることをおすすめします。(面倒なお願いごとは、そもそも相手が応えてくれない可能性がありますので、簡単にできるものが良いです。)

なぜ相手に頼みごとをお願いするかということですが、頼みごとをして、相手がそれに応えるという行動は心理学的に「親近感が増す行動」と言われているからです。ポイントは、「メールのやりとりだけで完結する簡単な頼みごと」という点です。相手が詳しいことについて質問をしたりするのがいいでしょう。

何度かこうした頼みごとや質問をしてみて、相手が快く応じてくれるようであれば、次のステップへと進みましょう。

ステップ3.悩みを共有する

「当たり障りのない話題」や「簡単なお願いごと」は二人の関係を近づけるために有効ですが、そればかり続けていては相手も面倒になりますし、逆効果になりかねません。

お願いごとや質問メールにもスムーズにやりとりができるようになったら、次のステップとして、「悩みごとを共有できる関係」を目指します。勘違いしないで欲しいのは、あなたの悩みを相手と共有するのではなく、相手の悩みをあなたが聞く側になるということです。

しかし、いきなり相手にメールで「何か悩みない?」と聞くと、相手も思わず構えてしまうでしょう。まずは、先に自分から悩みを振ってみて下さい。ただし、本気で相手が相談にのらなくてはいけないような重いテーマはNGです。そして、できれば相手も共感してくれそうな悩みがベターです。

相手が共感してくれれば、「やっぱりそう思うんだ」とか「私だけじゃないんだ」という具合に、二人が分かりあっているという空気をつくることができ、相手も「自分のことを理解してくれる」「なんか意見が合って嬉しい」と好印象のポイントになります。人は誰でも共感を得られることに喜びを感じますから、ここは重要なポイントになります。

簡単な悩みでも共有することができれば、二人の距離は縮まっていき、メールが盛り上がるようになります。テーマが「悩み」という一歩踏み込んだ話題であるために、共感できたときの効果はとても大きいものがあります。

最終的に相手の悩みを引き出せれば、ここでの目的は達成できたと言って問題ないでしょう。(メールの返信率を上げることはもちろん、相手からメールがくるようになることが期待できます。)