会ってもらいやすくなるメールでの誘い方とは?

会ってもらえない原因と、会ってもらいやすくなるメールでの誘い方を考えてみましょう。

サイトマップ

会ってもらいやすくなるメールでの誘い方とは?
復縁top > メールのポイント > 会ってもらいやすくなるメールでの誘い方とは?

メールのやりとりはスムーズにできるのに、実際に会おうと思って誘ってみるとなんとなく流されてしまう・・・そう感じている方は多いのではないでしょうか。そう思われてしまう原因と、会ってもらいやすくなるメールでの誘い方を考えてみましょう。

会ってくれないのは、あなたと会いたくないから?

あなたが相手をメールで誘ってもなかなか会ってくれようとしない・・・そんな時、あなたは「自分とは会いたくないのかな・・・。」と考えていませんか?

もしあなたがそのような考え方になっているのであれば、その考え方こそが断られる(流される)原因となっている可能性があります。

遠慮がちに誘うと、相手もなんとなくOKしづらいですし、はっきり物事が決まらないままになってしまいがちです。自信のないまま誘うと、誘ってみて相手の反応がイマイチだった場合、もう一押ししてみる勇気がなくなります。

では、どのような誘い方であればOKしてもらえるのでしょうか。ここでは、相手があなたと会いたくなるような誘い方について考えてみたいと思います。

話の前提がポイント!

まず、ポイントとなるのは、必ず「行く前提」で誘ってみることです。ここは非常に重要ですから忘れないで下さい。先ほどのように「断られる前提」ではなく、「会う前提」で誘うのです。あなたの意識の中の前提が違うと、メールの内容も大きく変わってきます。

それでは、具体例をあげながら「断られる前提」で誘った場合と「会う前提」で誘った場合の結果がどうなるかを確認してみたいと思います。