あなたから「よりを戻したい」とアプローチする

行動の選択肢としてまず考えられるのは「あなたが自ら行動を起こすこと」ではないでしょうか。

サイトマップ

あなたから「よりを戻したい」とアプローチする
復縁top > 行動の選択肢 > あなたから「よりを戻したい」とアプローチする

行動の選択肢としてまず考えられるのは「あなたが自ら行動を起こすこと」ではないでしょうか。つまり、自分から元恋人に復縁を申し出るというやり方です。この行動パターンにおけるメリットとデメリットを確認してみましょう。

メリット

自分から積極的にアプローチしようとするケースです。何らかの行動を起こすことで、現状が打破できることがありますから、そういう意味では悪いことではないでしょう。

特に、あなたから別れを切り出し、相手が別れたがっていなかった場合には、あなたが自分の否を認めてちゃんと謝り、誠意をもってアプローチすることで復縁できる可能性は高いと言えます。

つまり、この行動を選択するには、「あなたが相手を振って別れたことを過ちだったと認め、ちゃんと反省していること」が条件になります。

デメリット

自らアプローチするという積極的で前向きに見える行動にも、デメリットがあります。それは、アプローチのタイミングが早すぎたときです。

アプローチのタイミングは間違えて欲しくないのですが、目安として別れてから6ヶ月以上経ってからにして下さい。なぜなら、男性と女性では心の傷の回復に要する時間に差があるからです。

女性は、失恋の辛さを友達に話す傾向にあり、早ければ3ヵ月ほどで元気な自分を取り戻すことができます。一方、男性は失恋の悲しみや苦しみを人に打ち明けることを良しとしない傾向にあり、自分の中だけで整理をつけようとするため、精神的に回復するまでには少なくとも半年程度の時間がかかります。

例えば、あなたが女性で別れてからすでに3ヶ月が経過していて、「元カレとよりを戻したい」と思っても、ちょっと待って欲しいのです。あなたの傷は回復していても、元カレはそうではないのです。

あなたが「今すぐ行動を起こさないと、復縁できるチャンスがなくなる!」という考え方になっているとすれば、残念ながらよりを戻せる可能性は高くないと言えます。あなたの気持ち次第ですぐにアプローチするのではなく、元カレの傷が癒えるまでは復縁を迫らないようにすることが成功のポイントなのです。