ファーストアプローチ

元恋人に連絡をとることに決めたら、ファーストアプローチが非常に重要であることを認識して下さい。

サイトマップ

ファーストアプローチ
復縁top > アプローチの方法 > ファーストアプローチ

元恋人に連絡をとることに決めたら、ファーストアプローチが非常に重要であることを認識して下さい。ここで上手くやるかそうでないかによって、今後の展開に大きな影響を及ぼします。それでは、ファーストアプローチで注意すべき点をチェックしてみましょう。

ぜひやって欲しいこと

もし電話で連絡をしようと思ったら、明るく元気な声で話すようにして下さい。当然ですが、何か思いつめたような暗い声だと、何かあったのかと相手を不安がらせてしまいます。

メールで連絡する場合も同様で、できるだけ明るい文面で、(いい意味で)軽い印象を与えるくらいでちょうどいいです。あなたが意識すべきことは、相手は「元恋人」ではなく「友達の一人」であるということです。

いざ連絡を取ってみたら、相手がまだ怒っている様子であれば、(その原因があなたにあるならば)心から謝罪して下さい。これは特に女性によく見られる傾向なのですが、女性は何かと自分を責めがちなので、すぐに謝まろうとしてしまいます。

相手が怒っていたりまだ気にしているような事があれば謝ることはOKなのですが、相手が特に気にしている様子もないのに「あの件は本当にごめんね・・・」と切り出す必要はありません。

特に男性は、女性ほど過去の出来事を細かくを覚えていないものですし、些細なことは忘れてしまっていることが多いのです。そして、一度忘れていた嫌なことを蒸し返されるのをひどく嫌うのも男性の特徴です。

やってはいけないこと

もし相手に新しい恋人がいることが分かっているには連絡を取らないほうがいいでしょう。どうしても新しい恋人との関係が上手くいっているのかどうかを知りたくていろいろ聞いてしまい、相手が迷惑に思う可能性が非常に高いです。もちろん、そのように思われてしまってはあなたにメリットはありません。

相手にメールを送り、楽しみに返事を待っているあなた。ただ、自分が想定したとおりに返事が来るとは限りません。そこで、焦って「なんで返事くれないの?」と催促するのは絶対にNGです。それが、恋人関係であった頃であればまだ分かりますが、今はただの友達関係です。

考えてみて下さい。一回くらいメールの返事がないからといって、友達に一日に何度もメールすることはないはずですよね。

返事がないのは、まだあなたとコミュニケーションを取る心の準備ができていないからかもしれませんし、どのように返事をするかで迷っているのかもしれません。ここはじっと我慢して待つようにしましょう。

勇気を振り絞って送ったメールに返事がくると、いやでも気持ちが高ぶるでしょう。楽しみにメールの開封をしてみると・・・メールの文面が一行だけの素っ気ないものということも考えられます。

例えそのようなメールが来ても落ち込まず、まずは返事をくれたことに感謝してみて下さい。コンタクトが取れたという事実は、これからあなたが復縁に向けて行動を起こせるということを意味します。

そのような考え方ができれば、今後の対応も明るく前向きなものにすることができるでしょう。