別れた本当の理由

あなたは別れた原因をはっきりと認識できているでしょうか。別れの原因が分かれば、復縁までの方向性が決まってきます。

サイトマップ

別れた本当の理由
復縁top > 別れた本当の理由

あなたは別れた原因をはっきりと認識できているでしょうか。別れの原因が分かれば、復縁までの方向性が決まってきます。別れの原因をしっかり把握しておくことは、復縁にとって一番大切なステップになりますので、ここで手を抜かないようにしましょう。

あなたが振った?振られた?

別れの原因を考えるときに、最初によく間違えるのがここです。自分から振ったのか、相手に振られたのか・・・明確に説明できるでしょうか。

心理的にはどうしても、「自分が相手のことを振った」としておきたいものですが、ここは正直になりましょう。個人的には、自分から振った人でも、一度相手に復縁を申し出て、そして断られているケースが多いのではないかと思います。

このような場合は、あなたは「振られた」ということになります。最初に別れたときに仮にあなたから振ったとしても、よりを戻そうとして振られたのであれば、あなたは振られた側ということを理解して下さい。

このように考えると、ほとんどの人が振られた側ではないかと思います。それでも安心して下さい。一度振られてからでも、復縁する方法はちゃんとありますから。

あなたは浮気された?

元カレや元カノが浮気して別れたというケースです。ここで勘違いして欲しくないのは「浮気をした相手が悪い」と考えてしまうことです。もしあなたがこう思っているのであれば、復縁は成功に向かって進みにくいです。

なぜなら、「相手に悪いところを改善してもらいつつ、さらに復縁も成功させる」という二つのことを同時に進める必要があるからです。相手に多くを要求するのではなく、目標は「復縁する」ことに絞ることをおすすめします。

そして、ここが一番大切なのですが、相手が他の人と浮気するということは、必ず根底にあなたへの不満があるのです。

例えば、
 「付き合いが長くなり、安心し過ぎて相手の前で気を遣わなくなった」
 「関係に慣れてしまい、相手が二の次になってしまった」
といった具合です。

付き合い始めのトキメキが薄れ、相手が刺激的な方へ流れてしまったという状況ですが、あなたに心当たりはないでしょうか。相手が悪いと決めつけず、ここは慎重に自分の反省点を見つけて欲しいと思います。そのためにも、「相手が悪い」という考え方はいったん頭の隅に置いておきましょう。

別れた本当の理由とは?

このように、別れたときの状況や原因を考え直してみるだけでも、自分が思っていたことと若干違う原因が見えてくることがあります。
 「自分に否があり振られたと認識すること」
 「浮気されて別れたのは、自分に至らない点があったということ」
と考えてみるだけでも自分の反省点が見えてきますし、今後の復縁方法を考える上ではとても重要なことです。

そしてもう一歩深く考えて欲しいのですが、あなたがこれから復縁をしたいと真剣に考えるのであれば、元カレや元カノと別れることは、実は避けることができたことと思ってみて下さい。

 「もっとこうすればよかったな」
 「あのときこういう風に接してあげればよかったな」
という点はないでしょうか?

実は、それこそが二人が別れた本当の原因なのです。

決して「あなたが悪いから別れたんですよ」ということを強調したいのではなく、別れには相応の原因があることをはっきりとさせておきたかっただけです。そして、あなたは今後それを改善していけばいいのです。そのためにも、まずは原因を探ることがとても重要なのです。

ここは復縁するための大切なファーストステップとなります。