メールの返事がくる

自分からメールを送ったり電話をすれば、ちゃんと反応が返ってくるケースです。この時相手はどのような気持ちなのでしょうか。

サイトマップ

メールの返事がくる
復縁top > 相手の反応 > メールの返事がくる

自分からメールを送ったり電話をすれば、ちゃんと反応が返ってくるケースです。この時相手はどのような気持ちなのでしょうか。考えられる3つの心理状況をそれぞれ確認してみましょう。

心理@:「相手が立ち直るまではメールの返信くらいしてあげよう」

相手から別れを切り出してきた場合、あなたを見捨てた罪悪感や同情心から、メールの返信がくるケースはよくあることです。あなたからすると、「メールをしてもいいということは、もしかしたらやり直せるかもしれない」と都合良く考えたくなるのではないでしょうか。

ただ、相手の心理としては、「あなたが立ち直るまで」メールをしようというものなのです。ですから、相手からメールの返信があったとしても、本心から友達でいたいと望んでいるわけではない可能性があることを覚えておいて下さい。

心理A:「別れてみたけど、やっぱり一人は寂しい・・・」

相手もあなたと別れたことで、少なからず心が傷ついているものです。新しい彼氏や彼女がいなかったり、好きな異性とまだ付き合う段階ではなかったりする場合には、あなたとメールすることで、寂しい気持ちを埋めようとすることがあります。

これは、男性であっても女性であっても同じことが言えます。

相手の心の傷が癒され以前のように元気になるまでは、気軽なメールのやり取りを続けても問題ないと言えます。ただし、まだこの段階では復縁する気があることを悟られないように注意しましょう。

心理B:「メールくらいならいいだろう」

相手がメールに返事をくれるからといって、あなたに愛情や関心をもっているとは限らないケースです。特に返信するのにこれといった理由もなければ、返信を拒否する理由もないので、何となくメールしているような状況です。

ここでもやはり、メールに返信があるからといって復縁を迫ったり、付き合っていた頃の話を繰り返したりすると、だんだんうっとうしく感じて返事がこなくなるリスクがあるので注意が必要です。

この状況からよりを戻すには、まずは友達として気軽なメールのやり取りから始めていく必要があります。

それぞれの心理状況に共通して言えること

このように、3つのパターンを見れば分かると思いますが、いずれも「相手に復縁する気があるわけではない」ということです。連絡がとれることが、そのまま復縁にはつながらないのです。この点を勘違いしないで欲しいと思います。

ただ、今後のことを考えると連絡がとれることは必ずプラスに働きます。気持ち的には少しでも早く元に戻りたいと思ってしまうでしょうが、そこはグッと我慢することが復縁成功の秘訣であることを忘れないで下さい。