具体的な問題点と解決策とは?

ここではさらに一歩踏み込んで、よく起こりがちな問題点と解決策を具体的に紹介してみたいと思います。

サイトマップ

具体的な問題点と解決策とは?

あなたに好きな人ができて一度は別れてしまったケースにおいて、復縁するための基本的な考え方はすでに説明したとおりです。ここではさらに一歩踏み込んで、よく起こりがちな問題点と解決策を具体的に紹介してみたいと思います。

それぞれの立場における心理状況の違い

「自分から振ったけど、やっぱり復縁したい」というケースでは、それぞれの立場で心理的な問題点があります。

まず、あなたは「振った側がよりを戻そうとすれば、簡単に復縁ができるだろう」と勘違いしていることが多いという点です。

一方、元恋人は「裏切られた」という気持ちが強く残っており、今さら復縁なんて都合が良すぎると思っているのです。このように、両者の間には気持ちのギャップがあるのです。

もう少し具体的に説明すると、あなたは自分から振ったので、「まだ自分に未練があるはずだから、復縁はできるはずだ」と思いがちです。そこまではっきり思っていなくても、心の片隅では「自分のことを悪く思ってはいないだろう」という気持ちがあるのです。

あくまでも関係を終わらせたのは自分であり、自分が優位な立場にいると錯覚し、復縁は自分次第だと勘違いしているからです。

しかし、実際は相手の気持ちは「自分は裏切られた」ですから、すでにあなたから離れてしまっています。この重要なポイントを理解しないまま、いきなり復縁を迫ってしまうと、よりを戻すどころか余計に嫌われることも十分ありえる話なのです。

ですから、まずは(付き合っていた当時はあったであろう)あなたの信用はまったく無いものだと考えて下さい。その気持ちがないと、このケースでは復縁は難しいものになってしまいます。

あなたがとるべき具体的な行動とは?

では、このようなケースにおいて、あなたがすべきこととは何なのでしょうか。

何よりも大切であり絶対に守っていただきたい約束事として、「いきなり復縁を迫らないこと」が挙げられます。まだ相手はあなたへの信頼はありませんし、警戒している状況です。そんなときに復縁を迫っても、まず上手くいくことはありません。

まずは気軽な異性の友達という雰囲気で、少しずつ距離を縮めていくことがポイントです。復縁の気がない様子でいることで、相手の警戒心を解くこともできるでしょう。

そしてできることなら自分が間違っていたということを伝えておくと後々効果的です。その際の注意点としては、「自分が悪かったから、もう一度やり直したい」という流れにならないようにすることです。「自分が間違っていた」と伝えることで、相手の立場が優位になります。そのようにすることで、二人の間にある見えない壁を取り除いていくことができるようになります。

自分から振って別れた場合には、どうしても自分の都合のいいように考えて動いてしまいがちです。相手の気持ちを考えながら、自分が反省している姿を見せつつ、焦らずに距離を縮めていくことが大切なのです。

繰り返しになりますが、復縁したいという気持ちが相手に伝わらないように十分注意して下さい。