別れの原因2:相手に依存しすぎた

よりを戻した後に上手に付き合えるように、依存状態を脱却して自立するために必要なことを考えてみましょう。

サイトマップ

原因2:相手に依存しすぎた
復縁top > 別れのパターン > 原因2:相手に依存しすぎた

「依存」と聞いてドキッとした人は多いのではないでしょうか。片方の依存度が強いと、二人の関係のバランスが崩れやばて別れてしまうケースがとても多いです。ここでは、よりを戻した後に上手に付き合えるように、依存状態を脱却して自立するために必要なことを考えてみましょう。

「自分は相手に依存していない」と思っていませんか?

相手に依存しすぎてしまったことが原因で別れてしまった方はとても多いです。特に女性に多いと思うかもしれませんが、意外と男性にも多いのです。ですので、相手への依存心が強いということは、別れに何かしら影響を与えていると考えて間違いなさそうです。

しかし、人はひとりでは生きていくことはできません。必ず誰かに支えてもらったり、助けてもらったりするものです。付き合っている場合は、その相手を頼りにすることも多くなるでしょう。これは決して悪いことではありません。

しかし、あまりに頼り過ぎると「依存」と言われる状態になります。ここが難しいのは、自分では決して依存していると思っていなくても、相手がそう感じていたらそれは依存になるというところです。ここをしっかり認識しておかないと、同じ理由で相手を失うことになりかねませんので注意が必要です。

依存状態を避けるための3つのポイント

では、相手に「依存」と思われることなく、依存が原因で別れることを避けるためにはどうすればよいのでしょうか。ここでは、自分でできるポイントを3つ紹介したいと思います。