愛情の違い

男性と女性では愛情に違いがあります。お互いが異性の特性を知ることで、より良い関係を築くキッカケにして欲しいと思います。

サイトマップ

愛情の違い
復縁top > 愛情の違い

同じ愛情であっても、男性と女性ではいろいろな違いがあります。たとえば、好きという気持ちが時間とともにどのように変化していくのか、さらには、愛情を捧げる対象は一人だけなのかそうではないのか、といった具合です。お互いが異性の特性を知ることで、より良い関係を築くキッカケにして欲しいと思います。

愛情の推移の違い

付き合いを始めてから付き合いに慣れてくる約半年の間に、男性と女性では、愛情の度合い(パーセンテージ)に違いがあります。

具体的には、男性は付き合い始めの頃がすでに100%に近い状態になっているのに対し、女性はまだ20%程度という状態です。時間がたつにつれて、男性はどんどん愛情のパーセンテージが下がっていくのに対し、女性はどんどん好きという気持ちが増していきます。

付き合い始めは男性の愛情が強かったのが、半年を境に逆転現象が起きて、いずれ女性の愛情が上回るのです。もちろんすべてのカップルに当てはまるわけではないのですが、だいたい半年くらいにこういった現象が起きやすいようです。

半年以上たっても彼女に対する愛情が減らない男性もいますし、たった一ヶ月で愛情がなくなる男性もいるでしょう。ただ、女性は付き合い始めてからどんどん好きになっていく傾向が強いように思います。

男性と女性ではこういった気持ちの推移に違いがあることを知っておきましょう。

愛情を向ける対象の違い

「誰に対して愛情を注ぐか」という点の違いについてです。ここにも男性と女性に明らかな違いがあるのです。

男性は、本命の彼女がいて、他に遊びの女性がいたとしても、「本当に好きなのは彼女だけだ」という気持ちの整理をつけられる生き物です。彼女に対する愛情が90%で、他の女性に10%の愛情を注いでいても、それで良しとする考え方なのです。

一方、女性にはこういった男性特有の考え方はなく、好きな人(本命の彼氏)には100%の愛情を注ぐべきだと考えます。男性と違って、一人の人を愛することを美徳とするわけです。

ですから、女性は男性が他の女性に少しでも愛情を注ぐことを許せません。では、男性は自分の彼女が他の男性に愛情を注ぐことを許すかというと、そうではないのです。かなり自分勝手な意見のように聞こえますが、「男とはそういう生き物だ」と割り切るしかないのかもしれません。

「そんなことを許していては、他の女に彼氏をとられてしまう」と考える女性が多いと思います。確かに、(特に若い男性は)一人の女性で満足することなく、多くの女性と経験を積みたいという欲求があるようです。

しかし、男とは単純なもので、本当に好きな女性の元にはちゃんと戻ってくるのですからおもしろいものです。最終的に、自分にとって居心地のよい女性を選ぶのが男性の特徴です。

あなたが女性であれば、「最後に選ばれる女性」になっていればいいわけです。

あなたが男性の方であれば、女性の考え方というのを理解してあげることで、より彼女を大切にできるのではないかと思います。