コミュニケーションに対する考え方の違い

最近ではコミュニケーションツールとしては欠かせない「メール」に対する考え方も男性と女性では違います。

サイトマップ

コミュニケーションに対する考え方の違い
復縁top > 求めるものの違い > コミュニケーションに対する考え方の違い

男性と女性では求めているものが違うということがお分かりいただけたかと思いますが、他にも例はたくさんあります。例えば、最近ではコミュニケーションツールとしては欠かせない「メール」も例外ではありません。

男性の考え方

基本的に女性はメールをたくさん欲しがりますが、男性はそうではありません。男性はメールの文章を愛することはできないので、よりリアルに近い愛を喜びとします。「メールより声が聞こえる電話の方がいいし、電話より彼女と直接会う方がいい」と考えるのが男性なのです。

よって、普段メールをするよりも、週に一度会えればいいと考えます。男性はコミュニケーションをそれほど重要視していませんので、連絡は用があるときのみで、日常では必要ないものと考える傾向にあります。

用事があるなら連絡をする価値があるものの、用事もないのに連絡をするのは時間の無駄という考え方です。女性はメールのつながりだけでも恋ができますが、男性はそれができないため、このような考え方になるのです。

なぜこのような考え方になるかというと、男性は、女性との恋愛で大切なのは「信頼関係」だと思っているからです。例え会えないときでも、彼女には「自分を信じること」を望むのです。

女性の考え方

一方、女性にとってどうしても譲れないことは、「彼とのコミュニケーション」です。恋をする女性にとって連絡とは、彼が元気であるということがわかるのと同時に、「自分を気にかけているから連絡をしてくれる」と愛情を感じることができる大切なことなのです。

男性が「自分を信じること」を望むことは先述したとおりですが、それに対して女性は、彼を信じるためには、信じるに値する言葉のサポートを必要とします。ここは男性と女性で大きくことなる性質と言えるでしょう。

言葉を必要とする女性と、言葉を必要としない男性。このような男女の心理の違いが、恋人のすれ違いを起こす大きな原因となっているわけです。