冷却期間を置かない方がいいケース

今度は逆に、復縁に向けた行動をする前に冷却期間を必要としないケースについてです。

サイトマップ

冷却期間を置かない方がいいケース

今度は逆に、復縁に向けた行動をする前に冷却期間を必要としないケースについてです。こちらに該当する場合は、どういった方法でアプローチしていくかの検討段階だと言えるでしょう。

別れてもお互い友達だと確認している場合

別れ際は険悪な雰囲気になるとは限らず、穏やかに別れるケースも少なくありません。こういったケースでは、友達関係でもいいので、時間を置かずに居心地のいい関係を築いておきましょう。

下手に時間を置くとお互いのいない生活に慣れてしまい、復縁という観点では一歩後退してしまいます。

別れてから久々に連絡が来た場合

これまでと違う反応になったということは、相手の中で何らかの心境の変化があったというサインです。つまり、相手があなたのことを気にしているということですから、ここで消極的になってしまうと、せっかくのチャンスを逃すことになります。

最初は緊張するかもしれませんが、あまり深く考えすぎずに明るくやりとりを始めてみて下さい。

相手が新しい恋人と上手くいっていない場合

相手に好きな人ができてあなたと別れたけれど、上手くいっていない場合はこのケースに該当します。

本人からでも人づてでもいいのですが、「上手くいっておらず別れそうだ」という情報を聞いた場合は、思い切って相手に近づいてみましょう。相手も不安定な状態でしょうから、あなたを頼りにしてくれるかもしれません。

ただ注意して欲しいのは、いきなり復縁を迫るのではなく、根気強く相手の話を聞いてあげるというスタンスでいるべきということです。 徐々にあなたの良さに魅かれていくという流れになればベストです。