冷却期間が必要なケース

復縁するためのアクションを起こす前に、ある一定期間(1〜3ヶ月)連絡を取らない方がいいと思われるケースを紹介します。

サイトマップ

冷却期間が必要なケース

復縁するためのアクションを起こす前に、ある一定期間(1〜3ヶ月)連絡を取らない方がいいと思われるケースを紹介します。あなたにも思い当たる節がある場合は、焦る気持ちをグッとこらえて、思い切って連絡しない方が得策です。

別れ方が険悪だった場合

このケースでは、時間を置いてみた方がいいでしょう。かつてないほど相手に嫌悪されたことで、あなた自身が相当焦っていると考えられるからです。

焦りからなんとか相手と繋がっていようとしても、あなたが思っているように復縁まで進むことはまずありません。むしろ、よくない方向へ転がっていく可能性の方が高いと言えるでしょう。お互いに冷静になる意味でも、3ヶ月ほど距離を置いてみて下さい。

徐々に相手からの返信が減ってきた場合

最初は相手も義理でメールの返信を書いているものです。しかし、徐々に面倒になってきたという可能性が高いです。このままメールを送り続けてしまうと、相手は返信をすることに義務感を感じてしまい、そのように拘束するあなたに対してマイナス感情を持ってしまうでしょう。

別れた状況から新鮮な気持ちになるためにも、ここは勇気を出して連絡を絶ってみて下さい。

相手に新しい恋人ができた場合

相手に新しい恋人ができてしまったなら、思い切ってしばらく身を引きましょう。とても勇気がいることはよく理解できます。そのままその恋人と結婚してしまったら・・・など、不安も大きいのも事実です。

ですが、落ち着いてよく考えてみて下さい。

おそらく相手の方は、新しい恋人ができて気持ちが高ぶっている状態です。新しい恋に夢中の相手に対して、あなたが焦ってあれこれ連絡してみても、おそらく相手は煩わしく感じることでしょう。

ここは思い切って距離を置いてみて、お付き合いが落ち着いたころに連絡してみるのがベターです。

都合のいい関係(=体だけの関係)になっている場合

これは特に女性の方に該当するケースですが、絶対に距離を置いて欲しいのがこのケースです。しかし、距離を置くのが最も難しいのもこのケースです。

なぜなら、別れても連絡が取れて楽しい時間を過ごせているため「こんなに楽しい関係なのに、連絡をやめる理由が分からない」という気持ちになるためです。このまま楽しく関係を続けていけば、いずれ彼女になれると勘違いしているのです。

もちろん、思い通りに彼女に戻ることはできませんし、最後に傷つくのはあなたなのです。ですから、少しでも思い当たる節がある方は、思い切って距離を置いてみて下さい。そうすることで二人の関係がフラットになりますし、相手もあなたの大切さを再認識できるいい機会になるので、今後の復縁も成功しやすくなります。