復縁と恋愛の違い

相手に好意を持ってもらうという意味では復縁も普通の恋愛と変わりませんが、両者には決定的な違いがあります。

サイトマップ

復縁と恋愛の違い
復縁top > 復縁と恋愛の違い

相手に好意を持ってもらうという意味では復縁も普通の恋愛と変わりませんが、普通の恋愛と同じやり方をしていては復縁は絶対に成功できません。「復縁」という特殊な状況を作り出すために必要なポイントをまずはチェックしておきましょう。

復縁と恋愛における決定的な違いとは?

これから復縁を目指そうと思っている方には、復縁と普通の恋愛には決定的な違いがあることを覚えておいてもらいたいと思います。

復縁と普通の恋愛には決定的な違い・・・すぐに思い浮かびましたか?

普通の恋愛であれば、早い段階であなたの好意がわかれば、相手も好意的に見てくれ、どんどんあなたのことを好きになってくれるでしょう。また、「会う頻度が高いと好きになりやすい」「親しげにされると好意を持ってしまいやすい」というように、どちらかが積極的に動くことで二人が親密になっていく可能性が高いのが普通の恋愛の特徴です。

しかし、復縁でこれと同じようなことをしてしまうと成功できないのです。

なぜなら、一度二人は別れを経ているため、相手も(理由は様々ですが)警戒しているのです。別れの原因は違えど、一度恋愛関係が嫌になって別れている状況です。

そういった状況にもかかわらず、積極的に「まだ好きだ!」という想いを伝えてしまうと、相手には「でももうこっちは好きじゃないから」という反発的な感情が働いてしまい、逆に二人の距離は遠ざかってしまうのです。これが復縁における特徴です。

普通の恋愛では好意を伝えることで親密になれるのに、復縁では相手に好意を知られることで距離を置かれてしまうというまったく逆の結果になるのです。まずは、こういった大きな違いがあることをしっかり覚えておいて下さい。

復縁を成功させるために必要なポイントとは?

後ほど詳しく説明しますが、復縁で成功するためには「未練のない素振り」「復縁する気のない様子」を見せることがポイントになります。 つまり、相手に対する「執着心」を見せないことが必要なのです。

あなたが好意をもっているかぎり、相手はあなたを受け入れてくれない可能性があるわけですから、一度相手への想いはなくなった素振りで、友達として接していった方が、相手も警戒せずに対応してくれるでしょう。

ここは重要ですので決して忘れないで欲しいと思います。